■高い技術により持続可能な社会づくりに貢献します

システム二十一は、今後100年・200年後にも持続できる社会形成に貢献したいとの決意から発しています。

■信頼できる成果をつくります

道路計画、特に交通量需要予測の分野で事業を開始しました。推計業務をはじめとする交通計画や社会調査を円滑に進めるためのシステム開発、説明力を高めるための可視化ツールの開発・活用を行いながら効率的で精度の高い成果を目指します。

■交通計画におけるデータサイエンスを目指します

データの収集⇒整理⇒予測⇒評価の流れの中で、近年センサー技術、データベース・可視化・分析技術は目ざましいものがあります。 既存の統計データに加えて、人の動き、Web上のデータ、社会のルールや特性などさまざまな事象を『データ』として収集・評価し意思決定のための情報としての活用を目指します。

お知らせ

2017年5月 ホームページを更新しました。